光回線・プロバイダの速度はどこが速い?回線速度は見抜けるのか?

 

光回線 速度

光回線・プロバイダは速度が命と言っても過言ではありませんが、それを私達素人が知る方法はあるのでしょうか?

 

契約前にどこが速いのか知る方法があれば、事前に調べてできるだけ一番速いプロバイダと契約するのは当然です。

 

高速を謳っているプロバイダを選んだのに契約してから実は遅かった・・・なんて最悪ですよね。

 

契約した後に思ったよりも速度が遅くイライラしている人もいるかもしれません。

 

ここではそのようなトラブルに巻き込まれないために、回線速度を知る方法と、契約した後に速度が遅いと気づいた場合の対処方法ご紹介します。

 

 

指定エリアの回線速度を知る方法なんてあるの?

それでは、指定エリアの回線速度はどうすれば知ることができるのでしょうか?

 

実はどのプロバイダも、どの回線も、スペック的にはほとんど同じようなものなのです。

 

この事実を知って驚いている人が多いと思いますが、実は光回線の場合特別なプランを選ばない限り、どこでもほとんど速度は変わらないのです。

 

とは言っても住んでいる地域によって速度に違いが出ると感じている人も多く、実際苦情の電話をかけた人もいるでしょう。

 

これはスペックの問題ではなく、あなたの運なのです。

 

回線速度 運

 

運とは自分が住んでいる地域に非常識なユーザーがいるか、いないかということで、事前に分かっていればいいのですが、知る術がないのがないのがこの問題の難しさです。

 

もし、速度が遅くなる原因となるユーザーが多いと、その地域全体の速度が低下してしまいます。

 

全ての人が正しい使用方法と常識内で使用するのであれば、速度が遅くなることはありえません。

 

プロバイダ側がその地域を明確にしてくれると良いのですが、まずそんなことはあり得ないのです。

 

なぜなら、その地域の契約者が極端に減ることと、個人情報保護の観点から特定の地域の速度が遅いと知らせることができないのです。

 

そうは言ってもプロバイダ側が何もできないわけではなく、様々な方法で対象してくれるので泣き寝入りする必要はありません。

 

 

非常識に通信量の多い顧客に対しプロバイダは速度規制を行う

プロバイダ規制

それでは、運悪く近くに非常識に通信量が多い顧客がいたとしたらどうしたら良いのでしょうか?

 

当然本人に苦情を言うことはできないので、プロバイダのコールセンターに連絡して対処してもらいましょう。

 

同じエリアで速度の問題が多く発生している場合は、プロバイダ側はそこに通信量が異常に多いユーザーがいると判断します。

 

プロバイダは速度規制を行うことができるので、早めに相談すると良いでしょう。

 

通信量が非常識に多いユーザーは、主にP2Pを使ったファイル共有ソフト等でトラフィックを起こします。

 

ですから、P2Pを使えないようにしたり速度制限をするなどのペナルティを与えることができます。

 

そうしないと、他のユーザーに迷惑が掛かりますし、プロバイダのスペックが他より劣ると誤解される可能性もあります。

 

誰がそれに該当するかを教えてくれるわけではありませんが、迷惑行為ができないようにしてくれるので速度は回復します。

 

個人の力で回線速度を遅くすることが可能なんて信じられませんが、実際にこのような行為があるので覚えておきましょう。

 

速度遅延の原因の多くは顧客側の設定ミスが大半を占める

実は速度の遅延は顧客側に問題がある場合も多いのです。

 

ADSLやケーブルインターネットの場合は、多くのユーザーが使用する時間帯に遅延する欠点があります。

 

光回線で遅延がある場合は設定のミスやケーブルの規格が古く合っていない、無線LANルーターが原因などが考えられます。

 

この場合は交換することで解決しますが、その前に再起動することで解消するケーズが意外と多いので試してください。

 

また、回線が遅いのではなく使用しているパソコンに問題があることも多いようです。

 

古いパソコンを使っていたり、メモリの容量が少ない、ウイルスソフトが重いなどが考えられます。

 

 

調べるとそれらの解消法がたくさん紹介されているので、試してみると案外簡単にパソコンが早くなる可能性があります。

 

それでも解消しない場合は、プロバイダに連絡して原因を解消してもらいましょう。

 

光回線はとにかく速くて快適なのが当然だと思ってしまいますが、実際は遅延を経験する人も多いので、対処法を覚えておくと安心です。

 

大手プロバイダなら、苦情から数日〜数週間で解決することが多い

 

インターネットを使用していると速度などの問題が生じることも少なくありません。

 

契約してからトラブルがあると本当に不愉快ですが、そのまま放置しても何の解決にもならないので、プロバイダに連絡をして対処してもらいます。

 

その前に先ほど説明した自分の方に設置ミスがないか、パソコンが古くないのかを調べてからにしないと、問題が契約者側にある場合はプロバイダの方で解決できないことを覚えておきましょう。

 

しかし、実際に何かトラブルがありプロバイダに連絡してもなかなか対処してくれないことがあります。

 

大手であれば設備投資に積極的なので、すぐに何らかの解決策を見つけてくれるのですが、それ以外のところは遅い傾向があります。

 

契約後にイライラしながらインターネットを利用するなんて嫌ですよね?

 

速いと思って光回線にしたのに逆に遅かったなんてことになったら、すぐに対処してほしいと思うのは当然です。

 

この速度の問題は先ほどもお話しした通り、運としか言いようのない問題なので、もし問題があったらすぐに対処してくれる大手のプロバイダを選ぶことも大切なのです。

 

光回線の速度低下を改善する方法

 

それでは自分が契約した光回線の速度の低下は、どのように改善したら良いのでしょうか?

 

自分の設備や設定、パソコンに問題がない場合は、まずプロバイダに連絡をして様子をみます。

 

もし、解決に長時間かかるのであれば、月額料金が無駄なので解約もひとつの手ではないでしょうか。

 

多くのプロバイダは2年契約になっているので、すぐに解約してしまうと違約金が必要になったり、変えたところで速度の低下が改善しないリスクも多少なりともあります。

 

そうなると勇気がいる決断になりますが、思い切ってソフトバンク光かソフトバンクAirならリスクなしで乗り換えることができるのです。

 

ソフトバンクの乗り換えサポート制度を利用すると、違約金の保証と工事費無料に加えれキャッシュバックまでもらえるのでお得です。

 

もし現在ソフトバンクを利用している方は、auひかりの乗り換えサポートを利用すると3万円まで違約金の保証がられます。

 

また、ソフトバンクと同じようにキャッシュバックもあるのでお得ですね。

 

このように光回線の速度の問題は誰にでも降りかかる可能性がありますが、対処方法を知っておくと損することなく問題を解決できるのです

 

ソフトバンク光のお得な代理店はこちらをクリック!

 

auひかりのお得な代理店はこちらをクリック!