IPv6 IPoE V6プラスって何?初心者でも簡単に分かる解説

 

現在の光.回線では、 IPv6 という言葉が必ず出て来ると思います。

V6プラスも同じ意味と考えてOKです。

IPv6とは?を調べてみても、専門用語ばかりで意味不明.・・・

 

IPv6とは、どうも光回線が速くなるもののようだ・・ でも設定や専用機器が必要なのか? いやプロバイダに申し込み必要が??など、IPv6は非常に謎の多いモノとなっているようです。

 

ですがIPv6の技術的な話なんて理解する必要はありませんよ♪ 車を買う時に、ハイブリッドエンジンの設計や仕組みを勉強する人はまずいないでしょう。 そんな事を調べても素人に理解できるはずがありません。 IPv6も同じです。

 

ですが一応、IPv6にどんな効果があるのか?何をしてくれるものなのか?を理解しましょう。誰にでも簡単に理解できるように解説します。

 

インターネット 重い

IPv6、V6プラスが必要な方は、高速回線をお求めの方や、現在回線速度の遅さに悩まされている方です。もちろん誰でもインターネットは高速のほうが良いので、誰にとっても必要とも言えるでしょう。

 

難解な専門用語は無視、これをお読みください!

  • IPoE
  • PPPoE
  • 網終端装置
  • IPアドレス
  • ネイティブ方式

はい、全部無視です。ドコモ光にお勤めでもされていない限り、こんな用語を覚えても使いみちがありません。

 

IPv6、v6プラスとは、新しい技術で、これを使うとデータ通信を高速で行うことが出来ます。

 

IPv6を使うには、まずプロバイダがIPv6にタイプしている必要があります。*大手プロバイダのほとんどは対応済みです

 

また専用の無線LANルーターが必要で、ほとんどのプロバイダがレンタルを実施しています(月額500円前後)。ですがドコモ光やauひかり、BIGLOBE光、OCN光などは、レンタルもありますが、自前で用意することも可能です。この場合はレンタル料はかかりません。 また当サイトからドコモ光にお申し込みの場合、IPv6対応の無線LANルーターを無料レンタルできます。*要確認 2019年2月現在
詳細はこちらで=ドコモ光一番オトクなキャンペーン情報

 

基本的に申し込み等は必要なく、専用機器を接続すれば使えるようになりますが、例えばソフトバンク光の場合、お申込みと専用無線LANルーターをレンタルすることが必須となっています。

 

IPv6とは?

 

ということで、IPv6を使うには対応のプロバイダでなければいけない。そして専用の無線LANルーターを用意する必要がある。

 

これだけ思えておけば十分です。あとは現在、ご自分の契約がIPv6非対応なら変更するだけです。確認、変更は契約プロバイダに電話でOKです。

 

連絡時は、契約書類を用意しておいてください。

 

 

なぜ回線速度が遅くなるのか?

 

回線が遅くなるのは、そのエリアの大勢の人が一斉に通信を行うからです。車の渋滞と同じですね。

 

そして回線が混雑する理由は、主に動画視聴です。最近の動画配信サービスでは4k画質が当たり前のように使われていますので、データ通信量は一昔前の数十倍から数百倍と爆発的に増加しています。

 

ですがシステム的には旧型のままだったのです。それは混雑も遅延もするでしょう。 例えば同じ電車に数百倍の乗客が押し寄せたら大変なことになりますよね。それと同じことです。
そこで回線事業者が行った改善策は、言ってみれば道路の増設です。従来の道路は時間によって渋滞するので、他に道路を増設する。しかもこの増設する道路は従来の道路より広く、車線も数倍になっています。また混雑時には、旧道も新道も通ることが可能なので、まず渋滞が起こることはないというものです。

回線速度 遅い

例えば常に渋滞する道路があるとします。ですがそこに片道50車線の側道が出来たらどうですか?さすがに渋滞は解消されるでしょう。もちろん通常の道路ではこんな方法は取れませんが、インターネットの世界なら可能なのです。

 

非常に簡単に書きましたが、これがIPv6 IPoE が速い理由です。

 

光コラボではIPv6に対応していないプロバイダがいくつかありますが、auひかりとNURO光はデフォルトで対応していますので、IPv6 IPoE対応無線LANルーターを使えば、すぐにIPv6 IPoE接続を開始できます。もちろん追加料金や申込みは不要です。