auひかりの速度は遅い?速い?実際の速度を検証してみた

 

auひかり 速度

auひかりで注意したいのは、プランごとに最大速度が異なっていることです。

 

戸建住宅向けプランは通常上下最大1Gbpsですが、関東地方(東京、埼玉、神奈川、千葉)の一部では5Gbpsや10Gbpsに対応するプランも選べます。マンション向けプランは建物ごとに利用できる契約タイプが異なり、それぞれ速度の上限が異なることにご注意ください。

 

契約タイプ 月額料金(税抜) 最大通信速度 契約期間 契約期間内の解約金(税抜)
ホーム1ギガ 4,900〜5,100円(ずっとギガ得プラン) 下り・上り1Gbps 3年 15,000円(ずっとギガ得プラン)
ホーム5ギガ 5,400〜5,600円(電話込み) 下り・上り5Gbps 3年
ホーム10ギガ 6,180〜6,380円(電話込み) 下り・上り10Gbps 3年
ギガ 4,050円 下り・上り1Gbps お得プランA(お得プラン):2年
標準プラン:なし
お得プラン:9,500円
標準プラン:なし
ミニギガ 5,000円 下り・上り1Gbps
タイプG お得プラン:4,300円
標準プラン:5,400円
<G契約>
下り664Mbps・上り166Mbps
<V契約>
下り・上り100Mbps
タイプV 3,800円 下り・上り100Mbps
タイプE 3,400円 下り・上り100Mbps
タイプF 3,900円 下り・上り100Mbps
都市機構 3,800円 下り・上り100Mbps(一部マンションでは下り70Mbps・上り30Mbps)
都市機構G お得プラン:4,300円
標準プラン:5,400円
<DX-G>
下り664Mbps・上り166Mbps
<DX>
下り・上り100Mbps

 

上記の表を見るとわかるとおり、マンションだと上下最大100Mbpsの契約タイプが多くなっています。後から自分でタイプを変更することはできません。

 

引っ越しにあたってauひかりの契約を考えていて、マンションで高速な「ギガ」や「ミニギガ」のauひかりを契約したい場合は、物件探しの段階で対応する建物を探しましょう。auひかり公式サイトのエリア検索で、各建物が対応するマンションの契約タイプを確認できます。

 

こちら= エリア検索

 

 

auひかりの実測は?通常プランのSNSの口コミ評判を検証してみた

 

auひかりの仕様上の速度はあくまで仕様であり、実際に申し込んで使っているときに出る速度は、利用者の環境(場所、接続機器、時間帯など)によって変化します。一例として、速度に満足している声と不満を持っている人の声をそれぞれ調べてみたので、ご覧ください。

 

なお、以下に記載した評判もあくまで投稿者の方の環境における状況です。、実際に契約したらもっと高速で使えることもあれば、遅いこともあります。

 

 

高速で通信できている声

 

auひかりの速度には「速い」「遅い」それぞれ複数の意見がありますが、今回の調査ではどちらかというと速いとして満足している意見が多く見受けられました。

 

 

上記口コミでは上下100Mbps台が出ていて、速度に満足していることがわかります。100Mbpsも出ていれば、動画再生やデータのダウンロードなどを快適に行なえますね。

 

 

下り316Mbps・上り213Mbpsという、1つ目の口コミより高速で使えている人も見つかりました。ただし「今日は速い」と書かれているので、普段はもう少し速度が遅めな可能性もあります。

 

 

3つ目の口コミでは、有線LAN接続・戸建住宅において下り624Mbps・上り475Mbpsのスピードが出ていました。上下どちらも仕様である上限速度の半分程度は出ていて、利用において速度に不満が生じる場面はないでしょう。

 

 

auひかりは5ギガや10ギガの高速プランも展開しています。上記口コミの投稿者は5ギガプランを契約していて、下り2.2Gbpsの速度が出て満足している様子が伺えますね。

 

以上のとおり、好評意見は複数存在しました。

 

 

速度に不満を持っている人の声

 

auひかりの通信速度には、不満を持っている人もいました。

 

 

ゲームソフトのダウンロードで1秒1MBずつしかダウンロードできず、速度が遅いという声がありました。

 

 

2つ目の口コミでは、上下10Mbps台しか出ず「遅い」と不満が語られています。

 

 

3つ目の口コミは10ギガプランを契約している人のもので、310Mbpsで1ギガとあまり変わらないとして少々がっかりしている様子が伺えました。

 

以上のとおり、速度が遅いと考えている人の声もちらほら見つかっています。ただしいずれも利用環境が具体的に記載されていないので、もしかしたらLANケーブルなどの設備が古いなど、投稿者側で改善できる状態な可能性もあります。

 

 

速度は本当に遅い?スピードテストでチェックしよう

 

auひかりを利用していて速度が遅く感じたら、スピードテストをすれば具体的な数値を確認でき、速度が本当に遅いかどうかを判断できます。

 

スピードテストはスマートフォンやパソコンなど、様々な媒体で行なえます。普段よく使っている機器でスピードテストサイトを開いて、計測してみましょう。

 

こちら↓
https://www.speedtest.net/

 

例えば上記サイトを開き、「GO」をクリックすれば、すぐにスピードテストを行えます。

 

なおこの記事の前半の表にあるとおり、マンションだと契約タイプによって上限速度が異なります。ただ数値を見るだけでなく、自分の環境の上限速度とも比較してみてください。

 

速度の目安としては、上下最大1Gbps対応プランなら100Mbps以上出ていれば十分なスピードであると考えられます。100Mbpsプランなら10Mbps以上出ていて欲しいところでしょう。

 

どのプランでも、上下10Mbpsを切っているような状況だと、速度は遅めであると考えられます。必要に応じてLANケーブルやルーターを最新・高速通信に対応するものへ変更するなどして、改善を試みてみてください。

 

 

auひかりの上り速度には、速度制限がある

 

auひかりは、1日30GB以上のデータを継続的に送信すると速度が制限される仕様です。

 

言い換えると使いすぎると問題があるのは上り通信速度、つまりデータをインターネット上にアップロードする速度に対してのみです。動画再生などのデータダウンロードで発生するデータ通信には、とくに制限はありません。

 

 

auひかりの速度が遅いときはどうする?

 

auひかりの通信速度が遅い場合に試してみたい対処法は、主に以下の3つです。

 

  • LANケーブルやルーターを買い換える
  • ルーターを再起動する
  • 有線接続をする

 

LANケーブルやルーターといった機器を買い換える

 

LANケーブルは、上下最大1GbpsまでのプランならCAT5eやCAT6といった最大1Gbps対応の規格を選びましょう。5ギガ、10ギガのプランを利用する場合は、CAT6eやCAT7といった最大10Gbps対応のLANケーブルがおすすめです。

 

ルーターは、パッケージ前面などに1Gbps以上の速度に対応すると記載されている(例:1,333Mbpsなど)ものを選びましょう。5ギガ・10ギガプランについては、auからレンタルできるルーターが標準で最大速度に対応しています。

 

 

ルーターを再起動する

 

ルーターを長時間使っていると、調子が悪くなってくることもあります。元々高速で通信できていた場合は一旦コンセントを抜いて、再起動してみましょう。

 

再起動により調子が戻り、高速で通信できるようになる可能性があります。

 

 

有線接続をする

 

実質的にはこれが最も有効な方法です。また、有線接続で改善されなければ、速度の低下が無線LANルーター関連ではな回線園もという可能性が格段に高まります。

 

とりあえずLANケーブルを使ってパソコンやゲーム機などを有線接続すれば、接続が安定して通信速度が速くなる可能性があります。今まで無線接続をしていた場合は、有線接続に切り替えてみてはどうでしょうか。


 

一番お得な乗り換え先をお探しなら