auか?フレッツか?NUROか?簡単、得する選び方

auか?フレッツか?NUROか?光回線の簡単、得する選び方

 

光回線 選び方

 

回線を選ぶ時、auにすればいいのか?フレッツ(光コラボ)がいいのか?それともNuroか?と迷いますよね。そこで今回は自分に一番合った回線の探し方、一番得をする光回線の選び方をご紹介します。

 

これから詳しく解説していきますが、簡単に3社の長所短所を述べますと・・
auひかりとNURO光は料金とキャッシュバック額でフレッツ(NTT)系より有利ですが、auひかりは都内でも導入できないマンション(建物)が多く、NURO光も同様です。両者、一戸建ての建物なら大丈夫ですが、マンションですとauひかりは世帯数の多い大きな建物でないとダメなことが多く(要確認)NURO光も同様です。さらにNUROは7階建ての高さまでしか回線を引くことが出来ません。その点、光コラボはどこでもといっていいほど多くの場所で開通可能というメリットがあります。

 

まず考えるのは、「その場所に回線を引くことが出来るか?」

 

au、光コラボ(当サイトではフレッツ光関連をまとめて光コラボと呼びます)、Nuro光と、光回線の種類は3つありますが、これらはどこの場所でも全部引けるわけではありません。

 

基本的な考え方としては、ほとんどの場所で開通できるのが光コラボ。一戸建ての場合、電信柱から数メートルの位置に家があれば開通でき、マンションにはあまり導入されていないのがauひかり、そして関東近県のみのサービスで一戸建てはauとほぼ同条件、マンションは地上7回までで電信柱などが近くにある場所で開通可能なのがNuro光です。

 

電信柱?

「近くに電信柱がある」の意味ですが、光ファイバーのケーブルは電力会社の送電網を利用している場合が多いです。なので、電線(電柱)から直接ご自宅へ光ケーブルを引く事で開通可能となります。そういう意味での電信柱です。

 

auひかり 一戸建て・数メートル以内の近くに電信柱がある。*滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県の戸建住宅は不可。
マンション・建物にauの接続機器が設置されているか?*都内でも少ない
光コラボ 戸建て・マンション共にかなり広いエリアで提供可能*最も普及しています。
Nuro光 戸建て・マンション共通で、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城にのみ提供。7階建て以下の建物で近くに電信柱がある等

 

ということですので、回線速度で優位なNuro光を引きたくても、コストが安くキャッシュバックが大きいauひかりを引きたくても、光コラボしか引けないということは十分に考えられます。

 

 

各社のメリット

 

次に各社のメリット、デメリットを解説します。

 

まずauひかりですが、月額が安い、プロバイダ料金込み、キャッシュバックが大きいというメリットがあります。それとau携帯のユーザーならセット割が適用できます。更に安くなりますね。

 

auのメリットを一言で言えば、

 

お金で得をする

 

ということです。

 

反対にデメリットですが、これはもう提供エリアが狭いということですね。使いたくても使えないのは正直残念としか言いようがありません。特にマンションタイプで使えない場所が多いのが痛いです。

 

 

次に光コラボです。

 

光コラボのメリットはとても広い提供エリアです。

 

光コラボ=フレッツ光と言えますので、その提供エリアはほぼ日本全域と言ってもいいでしょう。

 

そしてもう一つ、ドコモ携帯とのセット割が使える事。これは光コラボ(GMOドコモ光)だけの特典です。

 

デメリットは他2社と比較すると月額がやや高く、キャッシュバック額も劣ると言うことです。

 

エリア的に光コラボ以外選択肢がないという方も多いでしょう。ですが2万円級のキャシュバック、フレッツ光より安い月額のプロバイダもありますのでトップページのランキングをチェックして下さい。
こちらから=トップページ

 

 

最後にNuro光。

 

Nuroのメリットは2つ、

超高速回線

月額が安い!

 

コレですね♪

 

そしてデメリットはauひかりと同様、エリアが狭いということです。エリアに関してはNuroが最も狭いので、悔しい方は多いでしょう。関東地方のみ(一部提供不可)の提供となります。

 

 

まとめ

 

最後に得する選び方です。

 

簡単に書きますと、お金で選ぶならauひかり、スピードや性能ならNuro光、エリアがなくて他に選択肢がなければ光コラボ(笑)、となります。

 

光回線 携帯電話とのセット割

 

そして携帯電話とのセット割ですが、実質それほど大きな割引は得られ無い方が多いです。ご家族が多く、全員が同じ携帯キャリアという場合はかなりお安くなりますが、一人ですとそこまで大きな割引では無いんですよね・・

 

さらに携帯のプランが月5GB以上のものでないと適用外であったり、auやソフトバンクはひかり電話のセットでないと割引適用外だったりします。自宅に光回線があればデータ通信量の大きなパックは必要ありませんし、そもそも携帯電話があればひかり電話もいりませんよね。特に最近はキャリアの携帯ではなく、格安SIMをお使いの方も増えています。

 

そんな理由で携帯電話とのセットはあまり重視しないほうがいいというのが私の意見です。

 

考え方としては、併用して得をする、使えるなら使うというスタンスがオススメです。これを中心に考えないほうが良いということですね。

 

という事で最もお得な回線の選び方は、まずお金で得したい方はauひかりで申し込む、回線スピード重視の方はNuro光に申し込む、それでダメなら光コラボという流れになります。

 

当サイトトップページのランキングで最もお得な契約を選んで下さい。常にリサーチして最もお得な業者をご紹介していますので安心してご覧ください!

 

こちらから=トップページ